常に目標が無いと、炎が消えてしまう人へ。


[adchord]

夢や目標を抱くことは大切なこと。
なぜなら、そこに向かって努力をしたり試行錯誤をしたりして、自分を成長させることができるから。
ここで、問題なのが夢や目標を達成し、次の目標が無くなってしまった人。
これでは燃え尽き症候群になりかねないので、すぐに新たな目標を立てることをオススメする。
その目標も、さらに高い目標を立ててみる。
一度自分を見つめ直し、自分が好きなことは何か。自分の理想の生活とは何か。

挑戦するなら、他の人が挑戦しないことをしてみよう。

私は、大好きな人と大好きな仕事だけをしていきたいと思っている。
今では場所を選ばずに出来る仕事も増えたおかげで、本当に仕事の選択肢が増えていると実感している。
様々なお仕事のお話を頂いても、本当に自分が好きなことや挑戦してみたいと思うことでなければ、積極的に手を挙げないことにしている。
一方で、最初は仕事は選ばずにガムシャラに受けることも必要だし、今でもその考えは変わっていない。
だからこそ、自分が成長できるかという基準で全ての仕事に向き合っている。

特に20代の人は、失敗が許されている時だからこそ、人生でとても貴重な経験ができる年代だからこそ、挑戦できるチャンスは買ってでもするべきだと思う。

他の人が挑戦したことの無いことに挑戦することで先行者利益で、他の人にノウハウや体験を教えることができるし、
何より他の人が挑戦していないことというだけで希少価値が高まる。
いわゆるレアカードになる素質を持つことができるのだ。
飽き性な人、すぐに燃え尽きてしまう人も大丈夫。短所は長所でもあるから。

私の欠点は、すぐに飽きてしまうこと。
また、何でも80点くらいにならできてしまう、いわゆる器用貧乏というやつだと言われる。

実際に私もその実感はある。
何か新しい目標を見つけて挑戦してみて、なんとなくやり方がわかってくると、
あえてそのやり方ではなくて別のやり方に挑戦してみる癖がある。

飲食店を選ぶ時だってそう。
このお店は90点くらいの味だとわかっていても、あえて他の店を探して入ってみる。
それは100点のものが無いか探しているから。

つまり、自分なりに一つの成功のパターン的なものが見えてしまうと、毎回それをやるのが苦手なタイプなのだ。
だからこそ、新しいこととか、もっといいやり方が無いかとか考えているのが楽しい性格。
これは一見すると飽き性だし、一貫性が無いとか言われるかもしれないけども、その分、新しいことに挑戦し続けているとポジティブに捉えることだって出来るのだと思う。
批判は向かい風、それがあるから高く飛べるようになる。

最近思うのが、自分のやりたいことや将来の展望について話すと、
そんなの無理だとか、お前の性格に合わないとか、批判的なことを言ってくれる人もいる。
私は、元から反対意見を言われると燃えるタイプだったし、絶対超えてやるという気持ちで挑み続けることができたから、
批判的な意見もありがたく聞いていたけど、最近それを相手に伝える為にいい例え話を聞いた。

批判は向かい風のようなものだ。
飛行機は、高く飛ぶ為には向かい風がなければ高くは飛べない。
だからこそ向かい風は必要で大切なものだ。

すごく腑に落ちた。
批判はその人が事象に対して自分はどう考えるかの意見に過ぎないから自分と合わないことが普通なんだ。
だからこそ、自分がやりたいこととか、自分がなりたいものなんて人それぞれなんだから、自分が好きなように生きていけばいいんじゃ無いかって思う。

だからこそ、やりたいことが見つからないとか、将来どうしようとか不安で悩む毎日を過ごすことも大切だけど、
目の前の幸せを感じることも大切だと思う。
自分の将来を誰かに決められるのではなく、自分はどうしたいのか、自分の理想的な生活とは何か。
それを掴み取ることが出来るプランはあるのか。
夢や目標というゴールを高く設定し、自分で掴み取るという決意で挑戦することが大切なんだろうと思っている。

↓西川のサポーター様↓

【民宿日本海様】

【こせんだ学習塾様】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP