競争しないためには、挑戦者がいない所に飛び込むんだよ。


[adchord]
色々な職業の方とお会いし、自分なりの考え方などがどんどんアップデートされていく感じがある。
その中で最近気になるのは、仕事に必死で周りが見えなくなっている人や、逆に仕事が辛くて目が死んでいる若者が多いということである。

仕事をしていく仲間として見ているか。

フリーランスや自営業は自分で営業もしなくてはいけないし、自分の仕事の過程ではなくて結果が求められる世界。
頑張れば頑張る分だけ報酬が上がる一方で、何もいなければ報酬はゼロになることもある。

そこで、よく見かけるのが「周りの人を蹴落としてでも仕事を取ってやる」という姿勢。
これ自身は、すごく良いことなのかもしれない。
やはり、仕事というのは限られているし、自分の手で掴みとることが必要だという気持ちも痛いほど分かる。

その一方で、明らかに余裕がある人は、競争はしていないことに気がつく。
自分だけの武器を持っていたり、周りの人と上手く調和が取れ、敵意識を持たせなかったりする。

ガツガツと仕事するのもいいかもしれないけれども、
自分だけの武器を作り、誰も挑戦していない所に飛び込むことができれば、周りと比較されることもないし、
自分だけのスキルや長所をあとはアピールすれば良いだけだと思う。

つまり、人を蹴落としてでも上に登りつめてやるという姿勢が見えすぎた瞬間、周りの人は冷めてしまうのでは無いのかということ。
それだと、その人の心も疲れるだろうし、そんな無理は続くものでは無い。
肩の力を抜いて自分の魅力を最大限発揮するためには、
誰もが挑戦しない所に飛び込んで、自分だけの色を出すことが重要なのでは無いかと思う。

リラックスすることが幸せと直結するのでは無いか。


「背伸びをして自分をよく見せよう」とか、「一生懸命頑張らなくては」とか、
自分の力量を超えた所まで挑戦しようとするから、人は疲れを感じるのでは無いかと最近になって強く感じる。

会社員の友人が「職場で上司が寝ているのを見ると本当に腹が立つ」
「なぜ自分より良い給料をもらっているくせに、ずっと寝ているんだ」とか。
「自分が、これまでとは違って新しい事に挑戦しようとすると、勝手に新しいことなんかするなと言って止められた」
「その人の保身の為に仕事をしている訳では無い」とか。
そんな話をしてくれた。

でもこれって、どうしても変えられないものなんだよね。
自分で独立をすると、もちろん一緒に仕事をさせて頂くパートナーを決めることも自由。
この人とは仕事をしたく無いと感じれば、仕事をしないという選択肢も選べるけど、
その代わり、一生その人とは仕事をすることができないと思った方が良い。

結局何が言いたいかというと、自分の力が及ばない範囲の事について悩んでも時間の無駄だという事。
それならば、自分の好きなことや自分が将来成し遂げたい事の為に時間を使った方がいいし、
そもそも悩んでいる時間がもたっいないのでは無いだろうか。

私自身も自分にできないことで悩むことを辞めて、自分で好きなように選択をして生きていく方が向いていると実感する。
だからこそ大切な時間を一生懸命、生き抜いて欲しいと思う。

若さは何よりも財産だよ。

若ければ、それだけで何よりも財産になるということを真剣に考えた方がいい。
若い時間を無駄にすることは本当に勿体無いと思う。

それだったら自分のやりたいこと、本当に挑戦したいこと、楽しいと思える事に全力で挑戦して欲しいと強く感じる。
最近、同い年の起業家同士で話している時に『若いは財産』だという話になった。
友人曰く、「自分は〜なことがやりたいんです!」とか、
「日本一の〜になります!」とか、夢や目標を語ると、
「若くて威勢があっていいね、話を聞いてあげるよ」とその入り口に進むことが出来るようだ。
確かに若いは特権だと思うし、この若さが、すでに挑戦者の少ない所に飛び込んでいる事に繋がっているのだと思う。
本当はそれは寂しいことなんだけれども、今の現状だと若くして起業することが、スタンダードでないのであれば、それが武器になる。

周りの人からすると「何で会社を辞めたの?」とか、「まだ若いのに」とか言われるけれども、
周りの人が選択していなかったからこそ、挑戦する価値があるのではないだろうか。
道なき道を進む人生の方が、ライバルもいないし、自分だけのフィールドが作られるのだと思う。
誰かの敷いてくれたレールの上を走るだけではなく、自分は何がしたいのか、将来はどんな生活を過ごしたいのか、
あらゆることを考え行動する以外に道は無いのでは無いのかと思う。

最後に・・。

今日で7月も終了です。
お陰様で右肩上がりに業績も伸びております。本当にありがとうございます。

そして来月は、また新たなチャレンジ始まる予定で私自身もすごくワクワクしております。
今月はブログの更新頻度が少なくなってしまったけど、
その分たくさんのインプットはできたので、来月はもう少し頻度を上げたいと思っています。
このブログが何か悩んでいる方の生き方や働き方を考えるヒントになり、
一歩背中をおすものとなれば何よりの幸せです。

↓西川のサポーター様↓

【民宿日本海様】

【こせんだ学習塾様】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP