自分の殻を破る方法は、批判に負けず行動し続けることだ。


[adchord]
2週間ぶりの更新となってしまいました。
新しい仕事の依頼も増え、毎日せっせと働いております。
そんな中で感じたことは、皆んな仕事に対する悩みを抱えていて、その中でも必死に頑張っているんだという当たり前のことです。

自分の考え方や想いを発信することは悪なのか?

ブログを書いていると必ずアンチは現われます。SNSなどの媒体で発信している人は皆さん経験があると思います。
私だってその一人です。

自分の想いや考え方を発信すると必ずアンチは現われます。
しかも顔や身分がわからない人ばかり。その不公平さを感じる一方で、それもしょうがないことだと割り切っています。
人それぞれ考え方や想いは違っていても、自分の想いに共感してくれる人は必ず現れるということ。

ここで大切なのは発信すること。

自分が心の中でも思っていることがあっても誰かに話さないとその想いは伝わりません。
よく成功者の人が、自分のやりたい想いや夢があるなら、どんどん声に出そう紙に書こうというのがまさにそれ。
そうすると不思議と周りの人が自分を引っ張り上げてくれることがあるんです。
その可能性が限りなく0%に近くても、自分が声をあげていないと、確率は0%になっています。
声をあげてチャンスが来たら迷わず手をあげる。その繰り返しが大切なのだと思います。

だから、こんなこと言ったら嫌われるかなとか、
周りに変な風に思われるのは嫌だなとか思うかもしれないけれども、
自分が感じていることとかやりたいことは、どんどん発信した方がいいと私は思っています。

伝え側になると自分に足りないものが、さらに見えてくる。


先日、経営者の方が集まるモーニングセミナーというものがありまして、
そこで講師を勤めさせて頂きました。
キッカケは別の仕事で知り合った流れで『今度講師をやってみない?』と言われたことです。
実際にやらせて頂くと、相手が求めている情報と自分が伝えたい情報の違いや、
この情報が求められているのかと、リアルな場でのマーケティングにもなるなと感じました。
自分が見ている自分と、相手から見える自分の違いを感じました。

また、経営者だけではなく、サポーター様としても、お世話になっている『こせんだ学習塾様』では、
塾生や一般の学生を中心に、私のこれまでの人生経験や、会社員として働くこと、起業すること。
そこで感じた経験を話させて頂きました。
やはり自分では、気がつくことの出来ない気付きを多く頂きました。

大切なのは、自分が一度は伝え手になってみること。
批判ばかりしている人は、じゃあ自分は何がしたいのか、どんなことが大切だと感じているかを発信すること。
その中で自分の考え方を変化していけばいいと思っています。

自分が発信側でいると、発信側にたくさんの有益な情報が入ってきます。
そういえば、あの人こんなことをしたいって言っていたなとか、
これが得意な人を知っているよとか、そうして繋がりが増え、チャンスが増えてくるのだろうと感じています。

誰だって悩みを抱えている、だからこそ納得できる仕事をする。

仕事は辛く大変なものです。
しかし、自分が大好きなことであれば、その大変さも我慢できるものだと思います。
将来は、さらに遊ぶように仕事をすることが目標です。
毎日ワクワクして眠れないような生活を送れればいいなと思っています。

そのために、自分が好きなパートナーと好きな仕事で繋がることを意識しています。
お世話になっている方は、皆さん私が尊敬している方々ばかり。
なかなか自分で仕事を選ぶのは難しいし、現実的ではないかもしれないけれども、自分で納得して働けているかどうかも重要ではないかと思っています。
「今の仕事は肉体的にも精神的にも辛いけど、不自由なく暮らしていけるから幸せ」ってことでも良いのだと思います。
私は、色々なことに興味を持って動けるタイプなので、常に挑戦している人と一緒に仕事ができることに幸せを感じています。

本当は、自分のできることや難しいよりも簡単なことに挑戦する方が楽だし、
良いと思う人が多いかもしれませんが、私はその逆で、誰も挑戦しないようなことに挑むからこそ楽しいと思えるタイプなので、辛いこともたくさん経験しています。
でもその分、この経験値が求められる機会も多くなっているのだと思います。

いつか達成したい夢や目標があるのならば、今挑戦しようと思うタイプの人は、
やらなければ後悔をするだけだと思うので、挑戦することをオススメします。
でも、その道のりは間違いなく険しいです。心が折れそうになるときもあります。
でも、やりたいことがある、絶対に諦めない、自分を信じ抜く強い気持ち、達成したい志があれば、道は拓けてくるんだと思います。

嫉妬や妬みから成功は生まれない。

一歩踏み出した経験からこそ、自分の世界が変わっていくのだと思います。
挑戦が成功だったかどうかは、いつになってもわかりません。
ですが、みんなその挑戦や選択を正解にするために行動し続けているのではないでしょうか。
私は会社という看板を下ろしたことで、多くのことに気がつくことができました。
同時にたくさんの経験をすることができています。
この経験や知識。どうやって、自営業で生活をしていけるようになるのか。
必要な手続き、準備しておいた方が良いこと。
これらは経験者が語れる内容で、その体験や経験に大きな価値が出るとも感じています。
挑戦する人が少ない道だからこその希少性や、チャンスに巡り会う機会も多く頂いているとも思っています。

だから、キラキラ輝いて見える人だって誰もが、楽しいことばかりじゃないということ。
みんな辛い時や大変な時期を乗り越えて今があるということ。
努力の過程ではなく、結果が求められること。

大切なことは、自分で決断をし、大切な一歩を踏み出し続けることだと思う。
全てを捨てて、挑戦してみてたくさんのことに気がつけた。
だからこそ、もっと走り続けよう。

↓西川のサポーター様↓

【民宿日本海様】

【こせんだ学習塾様】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP