優秀な学生はここが違う、見極める1つのポイント。


[adchord]

最近の学生には、とてつもないパワーを感じるのと同時に、
「もったいないな」とか、
「もっと良くなるよ」っていうポイントがあるのでご紹介します。

とにかくチャレンジすること

皆さんは、最高の時代に生まれたと思っています。
なぜなら、時代が進化していて、スマホやPCを開くと、
あらゆる情報を一瞬で吸収できる時代になっているから。
これは10年前には考えられなかった進化です。

もはや、スマホ1台あればどこでも仕事をできるし、
好きなことや、得意なことを仕事にすることが可能な世の中になっているんです。

 

有益な情報は全てネットでインプットできる

立ち止まって考えてみてください。

少し前だと就活をしたいと思った時、
起業をしたいと思った時、

そのために必要な情報はテレビやラジオ、雑誌などから受け取るしかありませんでした。
身近にいる人の環境によっても、できることが変化していた時代です。

言ってしまえば受動的だった時代。

それが今では、あらゆる所で誰とでも繋がることができる時代ですし、
有益な情報も無料で受け取れるようになっています。
この最高な時代を生かすも殺すも自分次第なのです。

どうせなら上手く使って
最高な人生にしてほしいと願っているわけです。

 

人の時間は貴重だ。

人の時間というのは本当に貴重です。
誰かに会いたいと思うのであれば、その人のメリットになるような情報をプレゼントすることが重要です。
加えて、誰かに会いたいと思ってもらえるような人になることも大切です。

そのために重要なのは何より発信。
インプットだけして、やった気になるのはもったいない。
全てノリよく「何でもやってみます!」くらいの気持ちが必要。

上手くいくか、いかないかなんて誰もわからないんです。
だから、まずは挑戦してみる。
それで合わなかったから自分で軌道修正をしながら、
新しいことを挑戦していく。
このトライアンドエラーができない人が多い。

 

もう正しいレールなんて無い。

学生の数も減って、自分の理想の大学に進むまでの流れは、以前よりも容易に達成できるようになり、
挫折経験が少ない人も多くなってくると、危険なのが失敗経験がないということ。

成長というのは失敗からしか生まれません。
なんでもできる学生時代こそ、
色々な挑戦をして失敗する経験が大事。

守りに入っている場合じゃない。
そんなのおじさんになったら、いつでも守りに入れるから。

今しかできない挑戦や失敗をたくさんすること。
レールに乗っていれば褒められる時代は終わり。これからは自分の頭で考えて手を動かし続ける。
これの繰り返しで成長できる人が、社会で求められる能力である。

 

1番を持っている人は強い。

加えて何でも良いから1番を取ることも自信に繋がる。
何でも良いので、これだけは誰にも負けないみたいな、好きなことや得意なことが1つあるだけでも強い。

つまり、どんどん挑戦して、たくさん失敗した方が良い。
これは間違いない。
その失敗も本気の失敗じゃなきゃ意味がないんです。
思いっきりやった失敗からこそ学べることがあるんです。

本気になれない環境なんて意味がない。
大好きなことや得意なことを突き詰めることが大切。

 

もう一度言う、本気の挑戦をしてほしい。

頭で考えるんじゃなくて、
「とりあえずやってみます!」
そこから勉強して本気でトライするんですよ。
本気の挑戦ができる最高の環境を逃すのはもったいない。

大学生は人生の夏休みって言ったのは誰だ。
夏休みではない、毎日が将来における最高な日々だ。
この時間を大切にしなければいけない。

別に旅行に行ったり毎日飲み会をするのは悪くない。
その遊びを全力でするんだ!
飲み会で人をがっつり集めることも立派な経験になる。
何か達成してみよう。
全力で挑戦してみよう、そして本気の失敗をしてみよう。
その失敗には価値がある。
守られている今だからこそ、変われるチャンスは鬼のようにある。

↓西川のサポーター様↓

【民宿日本海】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 8月 21日

PAGE TOP