誰にも負けない、強い自分になるために。

成功する人と失敗する人。
一流と二流の違いは、簡単にいえば自分を信じ抜く力だと思う。

昨日のブログで詳しく書いているので、ぜひ参考にしてほしい。

最後までどれだけ自分を信じて、
自分ならできると暗示をかけて、
成功するまで続けることができるのか。

これが大きなポイントだ。

追い込まれてからが見せ場

今は副業解禁の流れが進み、
自分の本業だけではなく、
好きなことや得意なことを生かして
別の分野でのお金の入り道を増やしておく必要があることは、
徐々に皆さんもお分かりだろう。

でも、成功している人って副業から入って
自分なりにメドがついたから独立して、
その仕事でご飯を食べている人もいるのだろうけど、
圧倒的に追い込まれたから本領を発揮している人も多い。

つまり、人って追い込まれたり崖っぷちに立つと
死物狂いで力を発揮する。
その限界状態に身を持ってくことが成功への布石になるんだけど、
みんなその先の崖の下をイメージして、
失敗したら怖いなど言って、安心できる場所で仕事を続けている。

もちろん崖っぷち以外でも頑張れる人は
別にどこでも結果を出せるから良いけども、
ギリギリにならないとできない人は特に
自分を追い込んで実力を発揮する練習もしてみてほしい。

自分を信じること

その時に大切なのは
最後まで自分を信じ抜く気持ち。
敵は自分であり、永遠に自分との戦いが続く。
その中で、いかに自分のことを信じて、
最後の成功まで掴み取ることができるか。
それが大きな差になるんだと思う。
私は、皆さんの挑戦を全力で応援する。

合わせて読みたい記事
人任せで、全ての選択を自分で決めないのは逃げだ。
素敵な先生と出会い、たくさん学ぼう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 16日

PAGE TOP