起業したことでの変化

起業という1つめのステップを進んだ後には毎日が改善の繰り返し作業です。
私はまだフリーになって会社を起業して2ヶ月という時期にも関わらず
ありがたいことにイベントや司会など様々な仕事を頂き
その他にもセミナーやコーチングなども行なっています。

↓私の事業はこちらです↓
ご好評で残席3となっています。気になった方はお早めにどうぞ。
https://nishikawasatoru.com/post-170/

これまでは会社から労働の対価によって給与を受け取っていましたが
自分で事業を行なってみると報酬というのは社会の為に貢献したことによって与えらえるものというのを強く感じます。
会社員時代はそれほど強く意識したことはない報酬を受け取るという実感。
どうしても利益先行で考えてしまう人が多い中
しっかりと利益をあげている人は
自分が考える価値をしっかりと提供し世の中から必要とされているのでその見返りとして報酬を得ているんだと感じます。
起業1年目に関わらず永遠続いていく作業は
自分にできることは何かという自己分析だと思います。

現状に囚われ変化を恐れ行動しないのではなく日々アップデートを繰り返していくこと。

これからは好きなことが仕事になる時代。
私は人よりも好きなことは少ない方かもしれませんが大好きなプロレスの記事を書くことで報酬をもらったり
話し方や自分のこれまでの歩みをお伝えすることで気づきと発見を与えることができて報酬をもらってきました。

現在進行形で起業・独立の今を書き記すこのブログは
同じような境遇にこれから直面する人の何か参考になっていけると信じています。

私の場合は前職が局アナで
それから独立してフリーアナウンサーとなりました。
話し方を指導したり司会をしたりと考えられる自分の役割をまずは全力で行なっていくことを軸足に置いています。

先日、道内の高校へ私のこれまでの歩みと自分が感じた事をまとめた資料を差し上げました。
その文章を読んだ生徒は自分たちが経験したことのない情報ですごく驚き
新たな発見があったとすごく喜んでくれたという声を聞きました。
最高に嬉しく自分が役に立っている事を実感することができました。
物のない商品を提供するっていうのはすごく難しいことであるけれども
一生懸命発信していれば誰かは必ず見てくれていて素敵な機会を与えてくれると実感できています。

私のブログをきっかけに繋がった出会いもたくさんあります。

まずは発信すること。

今は会社に守られている立場の人でも自分の好きな事をとにかく発信しておくのがいいと思います。
それはどんな形でも構いません。SNSやブログ。
それが何かの形できっといい方向に繋がっていくんだと思います。

徐々に自分のサービスを理解してもらって何か皆さんの役に立てる事
自分ができる事をマッチングさせていき多くの人と関わっていきたいと思っています。
私はアナウンサーとしてだけではなく記者として現場での取材にあたり原稿も書いてきました。
そうして一人の想いを発信していく仕事もしてきました。
人の想いを聞きその声を文章や映像にして届ける。すごく責任感のある仕事です。
ライターとして、大好きな旅をしながらそれぞれの想いや生き方なども発信していきたいという思いもありますし
そんな事を考えると1日が24時間では足りないなとも思います。

実感として自分の頭で考えてトライアンドエラーを繰り返しながら
成長を続けなければ満足感って絶対に得られないんだと思っています。
ビジネスの世界では1勝9敗という答えがありますが、
本当に9回の失敗を乗り越えてやっと1の成功を掴みとれるくらいなのでしょう。

ネットでは様々な情報があります。
これだけやれば1ヶ月で○万円稼げますみたいなもの。
自分が社会の為に貢献できることは何か。
それによってサービスを受けた人にどれだけ付加価値を提供できるのかを追求することも必要です。
なぜ話し方を学ぶ必要があるのか?
自分以外の人の考え方を聞く必要は何か?
全て自分のサービスと直結していきますが
私の理念は

「個々が輝くためのお手伝いをすること」

その為に自分が輝きながら仕事をしている状態をこのブログで発信し
輝きたい方へのコーチングをしています。

自分が輝く為には周りを輝いている人で埋め尽くすのが一番手取り早いです。
その人と接するだけで自分の価値観が磨かれ自分が高められていくんだと思います。
まずは一流に触れて悩みを相談することから始めるといいかもしれません。
素晴らしい1日にしましょう!

↓私の事業はこちらです↓
ご好評で残席3となっています。気になった方はお早めにどうぞ。
https://nishikawasatoru.com/post-170/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 22日

PAGE TOP